tv

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 動画 見逃し配信 再放送 国立科学博物館〜無料視聴やみどころ

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 動画 見逃し配信 再放送 国立科学博物館〜無料視聴やみどころ

2021年3月27日(土曜日)19時からNHK BSプレミアムで『探検!巨大ミュージアムの舞台裏 〜国立科学博物館〜[字]』が放送されます

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 〜国立科学博物館〜動画見逃し配信

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 〜国立科学博物館〜番組内容

およそ480万点のコレクションを誇る国立科学博物館の舞台裏を探検する2時間スペシャル▽恐竜、動物、古生物、虫、植物、隕石、そして人類の進化に関わるものまで幅広く収集。最新の研究成果を生かすことで展示そのものも進化する「カハク」。▽肉食恐竜ティラノサウルスの骨格展示の変化を見たり、体長15メートルのクジラ全身標本設置に密着。▽さらに筑波の巨大な収蔵庫にも潜入。絶滅動物にハチ公、月の石も登場!

キャスト

【出演】滝藤賢一,伊集院光,杉浦友紀,【語り】中條誠子

探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館〜動画見逃し配信U-NEXT

U-NEXTの魅力は何と言っても、配信番組数が圧倒的に多いところです。U-NEXTの見放題作品数は21万本もあり、様々な動画配信サービスの中でナンバーワンです。
また、映像作品だけでなく、漫画や書籍、雑誌なども楽しむことができます。
作品はダウンロード可能なので、Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、通信料を気にせず、このアプリ一つで映像も書籍も楽しむことができます。

毎月1200ポイントがもらえるので、そのポイントで最新作のレンタルや漫画など有料作品の購入に使用できます。ポイントを使いきれなかったとしても、最大90日間持ち越しが可能なので、次に見たい作品が出た時に使用できます。

U-NEXTは一回の申し込みで4アカウントまで使用することができます。なので、家族でシェアしてそれぞれのスマホで見たり、家庭のTVで見たりすることができます。友達とシェアすることも可能です。4人で割れば一人当たり月額約500円で楽しめるということになります。

無料トライアルがありますので、どんなサービスか試してみることができます。無料トライアルでは見放題の映像作品と雑誌が31日間無料で体験できます。プレゼントされる600円分のポイントは新作・コミック・書籍に使用でき、まずは無料でサービスを体験してから検討できるのもありがたいところです。

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 〜国立科学博物館〜見逃し配信みどころ

国立科学博物館ってものすごく大きいんでしょうね。行ったこともないので解らないのですが、展示されているのを見ると1日ではまわり切れないだろうな。と言うのが最初の印象です。2時間と言う時間の中でまとめてくれるから、理解力のない私でもわかりやすく見られると思います。科学というと難しいというイメージがありますし、私は高校では商業高校に通ったので科学と言う授業はありませんでした。資格を取る勉強ばかりだったからです。恐竜やクジラの骨格に標本、ちょっと怖いなと言うイメージもあるのですが実際に見たらかっこいいかもしれないですよね。恐竜って本当にいたの?と思う気持ちもあったのですがこのURLを見ると本当にいたんだなと改めて実感させられました。月の石だったり隕石だったり、貴重な資料がたくさん展示されている所。一度行ってみたら興味がさらに沸くかもしれません。ただ一つ気になるのが恐竜と人間は共存していたのでしょうか。この番組とはあまり関係ないかもしれませんが骨格が見つかっている以上人間が恐竜を見ていたという事になるのではないでしょうか。もしよければ番組内で私の疑問も解き明かしてくれたらありがたいです。そしてどうしてティラノザウルスと言う名前になったのかも教えてほしいです。

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 動画や見逃し配信 視聴者感想

元々、博物館はとても好きなので、ここの科学博物館は何度か行ったことがあります。
色々なジャンルのものが展示していて見るものも沢山あるのでとても楽しいです。
480万点もの展示物があるということで、さすがに国立の科学博物館だけあるなと感心してしまいました。
その舞台裏を探検するということで、どのように展示をしているのか、そういうところを見ると、見に行った時に舞台裏を思い出して、どのような意図や思いで設置したのかが分かるとただ見るだけとは違ってくるような気がします。
ティラノサウルスや体長15メートルもあるクジラ全身の標本の設置に密着するということで、どちらもとても体の大きい2体をどのように設置していくのかとても想像がつきません。
元々、動物は好きなので、動物は一番楽しみですが、日常生活の中でなかなか見ることのできない古生物や、隕石というのもとても楽しみにしています。
『最新の研究成果を生かすことで展示そのものも進化するカハク』という内容にとても興味を惹かれました。
また、行ったことのない筑波の巨大な収蔵庫にも潜入するということで、ただでさえ普通には入れない舞台裏を見られるのがとても楽しみです。絶滅した動物や、ハチ公、月の石も見られるのが楽しみです。

まとめ

博物館の根幹には博物学、いわゆるナショナルヒストリーという自然界に存在するすべてのものへの探求心というものがあります。ポンペイの火山調査にのめり込んて亡くなったプリニウスのように、人間にはどうしても止められない好奇心や探求心があります。まさにそういった人類の好奇心と探求心の集積庫が博物館です。日本の国立科学博物館には480万にものぼる収蔵物があり、それは更に日々増え続けています。それだけ世界には謎や不思議、解明されていなことが山ほどあるということでしょう。収蔵物の多くは展示されず、バックヤードに保管されています。この番組で一般公開されていないお宝を見ることができるのは嬉しい限りです。膨大な収蔵物の中から厳選されたものだけが紹介されるようですが、特に取り上げられずに、ちらりと映るものだけでも十分に価値があるし、学芸員資格を持つ者としての目線でいえば垂涎ものばかりです。この番組を録画し、目を皿のようにして、余さず隅々まで目を配りたいと思います。そんなマニア視点でなくとも、この世界には本当に多種多様な生物や物質に溢れていて、それぞれに価値があり、大切なものであることを学ぶのは、この多様化が叫ばれる時代には重要なことだと感じます。その意味で大人にも子どもにもぜひ見て欲しい番組です。

(無料視聴できます)

↓ ↓

探検!巨大ミュージアムの舞台裏 〜国立科学博物館〜無料視聴動画