tv

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級・髙藤直寿見逃し配信・動画 決勝~準決勝予選 再放送フル無料視聴

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級・髙藤直寿見逃し配信・動画 決勝~準決勝予選 再放送フル無料視聴

2021年7月24日(土曜日)11時からテレビ朝日で『』が放送されます

テレビ地上放送地域にない、見れない方は柔道全試合(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級決勝~準決勝 予選 再放送フル無料視聴
————————-

東京2020オリンピック 柔道 男子60kg級 予選 準々決勝 番組内容

男子60kg級・髙藤直寿が登場!金メダルを目指し、先陣を切る!

渡名喜風南、男子60kg級・髙藤直寿が、金メダル獲得に挑む!
☆リオ五輪で銅メダルの髙藤直寿は、この階級、野村忠宏さん以来の金メダルへ!

東京2020オリンピック 柔道 男子60kg級 予選 準々決勝 キャスト

【メインキャスター】松岡修造
【キャスター】寺川綾、内田篤人
【解説】吉田秀彦
【進行】武内絵美(テレビ朝日アナウンサー)

————————-

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級・見逃し配信・動画再放送はU-NEXT!
公式以外で見る危険性

違法動画は、映画などの本来ならばお金を払って観る映像や著作権が存在する映像を第三者が断りなくネット上にアップロードして収益のために利用される事が多いです。
本来ならばお金を払って観るものを、無料で観ることができる環境を作ってしまうことによって著作権というものが意味をなくしてしまいます。
違法動画を誰かが視聴しても、作者にお金は一銭も入らないのに違法にアップロードした人には一定数の報酬が入る場合もありこれは完全に不公平です。
また、スマホで簡単に検索をかけられる現代では違法動画を違法だと気がつく人も少ないくらい違法動画は生活に馴染んでしまっています。
この状況が悪化すればするほど、映像業界の経済的悪影響はどんどんと増大していくので結果大きな社会的影響を呼び起こしてもおかしくありません。
また、簡単に違法動画を見る事ができる現代では、先ほども言った通り「違法だと感じる人が少ない」です。
しかしこれを、コンビニでの万引きと置き換えると違法だと感じる事ができます。
商品を盗むのと同じで、お金を払ってみるべき動画を無料で見ているのは紛れもなく犯罪であり悪です。
違法動画によって、経済的にも悪影響は及びますし万引きと同じ行為なのでもちろん犯罪性もあると言えます。

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級・見逃し配信・動画みどころ

高藤直寿選手の奥様は、元柔道家の方だそうですね。
お互いが柔道という太いパイプで結ばれた夫婦なんて素敵だと思います。
きっと、オリンピック代表に選ばれてから本番が迫る日々の中で、柔道をよくご存じの奥様から誰よりも励みになる言葉を沢山頂いてきたのではないかと思います。
さて、高藤選手といえば、私は彼オリジナルの技という「高藤スペシャル」とっても気になっています。
実はまだ拝見したことが無いので、今回は見逃さないようにと思っています。
160cmという大変小柄な選手と聞きますので、小柄を活かした巧みな技なんでしょうね。
高藤選手が「高藤スペシャル」の必殺技でご自身よりも背の高い選手に挑む姿を拝見するの本当に楽しみです。
柔道を全くしたことはありませんが、伝統的だったりポピュラーな技が既に沢山あると思います。
ですが、オリンピック代表選手の座まで来るとなると、勝利の為には既製の技だけでは足りずに、オリジナルが必要になる事もよくあるのでしょうね。
「高橋スペシャル」を活かしきって実力が出し切れるいい試合になりますようにと、テレビの前で大きく手を振って応援しています。

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級・見逃し配信・動画 視聴者感想

柔道男子60kg日本代表の髙藤直寿選手に2大会連続のメダルを期待します。金メダルを期待できる選手なのでメダルの色にも注目したいです。髙藤選手は現在世界ランキング4位で、過去年間ランキング1位を13、15、17年と3度経験しています。髙藤選手は世界柔道選手権を3度制覇しています。またグランドスラムでは11度の優勝を収めています。
髙藤選手は小さい頃から同世代のトップを走っていました。小学5年生のとき初めて全国大会で優勝し、中学3年生では全国中学校柔道大会で優勝しました。そして高校生ではインターハイ2連覇、3年生時には世界ジュニアも優勝し世界にも通用する選手であることを証明しています。
髙藤選手は足技から相手を崩すスタイルを取り入れており、得意技に小内刈、肩車などがあります。しかしルール改正によりポイントが取りづらいなどの影響を受けます。そのような逆風にも臨機応変に対応します。肩車を改良した「直車」。「髙藤スペシャル」といったオリジナルの技を編み出します。さらに練習で試していない技を試合で実行するなど大胆なことをします。髙藤選手自身も「勇気がいることだが、それができるのが僕の強み」と述べています。枠に囚われない度胸があるところが長所と言えるでしょう。
世界ランキング1位の永山選手を抑えて出場する髙藤選手には、最軽量級らしい軽やかな試合展開で勝利を積み重ねてほしいです。

まとめ

この階級は、かつて野村忠宏選手選手が、1996アトランタ、2002シドニー、2004アテネと日本柔道界初にして現在唯一のオリンピック3連覇を達成している、日本の得意としている階級です。今回の東京オリンピックに出場する高藤直寿選手は、前回のリオデジャネイロで銅メダルを獲得。地元開催での金メダル獲得に並々ならぬ意欲を持ち、挑戦していくことと思います。研究熱心であり、世界選手権3連覇を果たすなど、実績も十分な高藤選手が、「お家芸」とも言える、柔道の男子60㎏級で新たな歴史を紡ぐ戦いが間もなくスタートします。高藤選手のライバルとなるのはロシア、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、カザフスタンといった旧ソ連勢。この階級の世界選手権やオリンピックのメダルの常連で、金メダルを目指す高藤選手の前に立ちはだかることでしょう。しかし、地元開催の地の利を生かし、ライバルたちを退けてた高藤選手が金メダルを獲得する可能性は極めて高いと個人的に思っています。新型ウィルス蔓延の影響で、東京をはじめとする首都圏は過去に例を見ない無観客のオリンピックとなりますが、そんな困難にめげず、高藤選手にはこれまでの悔しさを今回の舞台でぶつけて、沈みがちな日本に元気をもたらして欲しいです。

(無料視聴できます)

↓ ↓

東京2020オリンピック 柔道男子60kg級決勝~準決勝 予選 再放送フル無料視聴