バラエティ

コンテナ全部開けちゃいました・見逃した配信・動画 無料視聴再放送2021年10月8日

コンテナ全部開けちゃいました・見逃した配信・動画無料視聴再放送2021年10月8日

NHKで2021年10月10日にコンテナ全部開けちゃいましたが放送されます

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

コンテナ全部開けちゃいました・見逃し配信・動画再放送2021年10月8日を無料視聴する方法

————————-
港でよく見るコンテナには何が入っているの?コンテナの積み荷から日本、そして世界が見えてくる!港を訪ねるのはカズレーザー、案内役は下野紘さんでお届けします。
番組内容

コンテナを開ければ日本が、そして世界が見えてくる!港などで目にはしていても、中身を見ることはできない…そんなコンテナの積み荷をのぞけば、日本の産業の知られざる実態、さらには世界との意外なつながりがわかります。現代物流のかなめ「コンテナ」をテーマにした新しい形の情報バラエティー、横浜港と東京港で次々とコンテナを開けちゃいます!中から何が出てくるか、それは見てのお楽しみ!
出演者

【出演】カズレーザー,【アナウンサー】森下絵理香,【声】下野紘

コンテナ全部開けちゃいました・見逃し配信・動画再放送が無料視聴できるU-NEXT! 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】

遺法動画アップロードは、クリエイターの現在の生活や未来を奪い、血の滲む努力を踏み躙る違法行為です。
例えば、映画1本撮るのには大変お金がかかります。大規模なものは数億円〜数十億円かけて、「ヒットするか分からない、しかし、ヒットすれば文化に大きく影響できる」という一大事業です。もちろん、ヒットしなければ大きなマイナスを被ることになります。そうしたリスクを背負い、何百人何千人もの人間を総動員して行う真剣勝負なのです。
背負われているリスクの中には、「クリエイターの生活・人生」もあります。人気のあるアニメーションも、人生の大半を作画に捧げているアニメイターの力で成り立っています。
違法動画アップロードで彼らの作ったものにお金が支払われなくなると、彼らの生活が破綻し、下手をするともう2度と面白い作品が見られなくなってしまいます。
しかし、規模の大きい商業映画を例にすると、「そのリスクは企業が背負うんでしょ?」「クリエイターの賃金が安いのはお客のせいじゃなく、企業のせい」と思うかもしれません。
確かに大きな企業が製作する場合はそうかもしれません。だからクリエイターを守るため、違法動画アップロードをする人間を訴えたりして戦うのも、こうした企業の大事な仕事の一つです。
しかし、私が最も心配しているのは、こうした企業の庇護を受けられないクリエイターたちのことです。

映画には「自主映画」と呼ばれるジャンルがあります。これは、本当に自分のやりたい表現を、誰に指図されることもなく制作するために、あらゆるリスクを個人が背負い、自分で資金を集め、配給会社を探し、何年もかけて映画を撮るという大変な制作方法で作られる映画です。例えれば、個人事業主や本当に小さな町工場のようなイメージです。
こうした小規模映画を撮る人たちは、自ら上映映画館に通って何度もトークショーやサイン会を開き、自分の力で映画を売っていく必要があります。誰も助けてくれないからです。
こうした人たちの作品が違法アップロードなどされ、彼らの収入が減ることになると、明確にひとつの映画ジャンルが消滅します。彼らの生活が成り立たなくなれば、文化がひとつ消えてしまうのです。
そんな彼らを守るために、映画館は毎回違法動画アップロードに対して警告するCMを流しているのです。
今後も、世界中の誰もが多様な作品を楽しむ事ができるよう、違法動画アップロードが社会悪であることが知られていってほしいと思います。

コンテナ全部開けちゃいました・動画配信・再放送ネットオンデマンド配信あらすじ

コンテナを全部開けてしまうのですか?それは凄いです。
港に行くとコンテナ船が停泊しているのをよく見かけます。
また、私の地元には港のほうには人を乗せる電車はありませんが、コンテナを乗せる電車は走っているようです。
走っている姿は一度も見たことがないのですけどね。
しかし、コンテナの中に何が入っているのかということはよく考えたら今まで想像もしたこともありませんでした。
この番組、わざわざ コンテナあけ太郎というキャラクターまで作ってしまったそうです。
しかも声優は下野さんだということですよ。とても人気がありますね。
色々な声を出せる下野さんがコンテナあけ太郎にはどんなタイプの声をあてているのかも気になりました。
カズレーザーさんとのやり取りも楽しみです。
川崎港はここ最近でかなりコンテナの取り扱いが増えているみたいです。
その理由が気になります。ここは停泊しやすいのですかね。
番組見どころにはマットレスという言葉が書いてますが、もしかしてマットレスを運ぶためのもの?
それともマットレスで中の荷物が壊れないようにしているのでしょうか。
清水港もたくさんコンテナが運ばれてくる場所だということです。
このあたりは国産のメーカーが多いのですね。
なんだかここは凄いものが運ばれたりするみたいですよ。
特に男性なんかは好きな人も多いのではないでしょうか。

まとめ

海外からの輸送手段というと、空輸や船便など様々な方法がありますが、その実態はあまり一般的に知られていません。船便は港に着きますが、そもそも港を日常的に利用する人は、そういった職業人以外はいないでしょう。もちろん私もそのひとりで、幼い頃に両親と港にドライブに行った記憶ぐらいしかありません。
そんな謎に包まれた(?)港には、コンテナが置いてあります。今回の番組では、その知られざるコンテナの世界に迫るというもので、興味のあるひとにはたまらない企画になっています。
そもそも出演者のカズレーザーが人気の芸人であるだけでなく、近年ではコメンテーターとしても活躍しているため、情報番組としてのレベルも期待できます。
コンテナって、本当に知られざる世界です。私たちが気づかない間に日々多くの積み荷が海外から運ばれてきます。その数や種類の多さに驚かされることでしょう。もしかしたら日常的に口にしている食品や日用品が登場するかもしれません。そんなワクワクも感じています。
コンテナの知られざる世界、もちろん知らなくても日常生活に支障はありません。しかしこんなディープな世界を知らないなんて勿体ないことだと思うのです。どんな驚きに出会えるのか楽しみです。
下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

コンテナ全部開けちゃいました・見逃し配信・動画再放送2021年10月8日を無料視聴する方法