バラエティ

Where We Call Home 見逃し配信フル動画ネット配信 再放送(沖縄) 2022年4月5日 フル無料視聴

Where We Call Home 見逃し配信フル動画ネット配信 再放送(沖縄) 2022年4月5日 フル無料視聴

Where We Call Home 「沖縄から戦火の祖国を思う」は2022年4月5日に放送されます

この番組はU-NEXTというサイトの新規無料登録で無料視聴できます

nhk作品のため、U-NEXTに入ると全NHK作品が見放題無料で31日間見ることができます

下記にて

そのU-NEXTが(無料視聴できます)

↓ ↓

Where We Call Home 動画 見逃し配信2022年4月5日 沖縄 再放送 フル無料視聴はこちら

 

Where We Call Home 2022年4月5日動画配信について

*Where We Call Homeの放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*Where We Call Homeはtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*Where We Call Home動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

Where We Call Home 番組内容

Where We Call Home 「沖縄から戦火の祖国を思う」

沖縄在住ウクライナ出身の本間カタリンさん。ロシアの侵攻に揺れる祖国の平和を地域の人々とともに祈る。アメリカ出身の翻訳家、エミリー・バリストリエリさんの仕事場も。

沖縄在住ウクライナ出身の本間カタリンさんは、特産のニンジンを使ったパンを作り、人気を集めている。そこに届いたロシアのウクライナ侵攻のニュース。動揺する彼女を地域の人々が励まし、支える。沖縄は太平洋戦争で住民を巻き込んだ地上戦で多くの人々が犠牲になった地域。人々はカタリンさんとともに遠く離れたウクライナの平和を願う。東京で活躍するアメリカ出身の翻訳家、エミリー・バリストリエリさんの仕事場も紹介する。

————————-

Where We Call Home 2022年4月5日 動画見逃し配信で見たい視聴ポイント

とても興味深い番組です。太平洋戦争関連の番組を見ることが好きになったのですが、沖縄戦について関心を持つことは少し遅かったのです。
でも沖縄戦のことを知れば知る程本当に苦しくなってしまいます。
そしてこの番組はウクライナ人の方が登場されるということですが、今ウクライナで起きてることというのはまさに沖縄戦そのものみたいなようなものですよね。
海や島とかではなく人が住んでいる地上で行われているのだから悪意が感じます。
今でこそアメリカと日本は同盟を組んでおり、ウクライナに対しての支援も協力的です。
ウクライナとロシアなんかは元々同じ民族だったのだからどうにかして仲良くなることが出来ないものかと思いました。
昨日テレビで誰かが言っていたのですが、ウクライナの人はロシアに親戚なとがいる人も多いらしくて、日本で言うと東京の人と埼玉の人が結婚するようなものとのことでした。
それくらい仲良くしている人だっているというのに戦争になってしまい心苦しいです。
このウクライナのカタリンさんという方も沖縄で過去に起きた地上戦のことはご存じだと思います。
どの程度まで分かるのかどうかは分からないですが、沖縄の人達の苦しみも分かるでしょうし、沖縄の皆さんもカタリンさんの気持ちが痛い程分かると思います。

Where We Call Home 動画 見逃し配信 再放送・見逃したはU-NEXTで視聴可能そのサービス内容は

本日現在のU-NEXTのランキングですが、独占配信している映画でした。
確か少し前まではレンタルだったと思うのですが、それが気が付いたら見放題になっていました。
準新作から見放題に変わったのかも知れないですね。
元々ランキングに入っていることも多かったのですが、見放題になったことでより多くの人が視聴しているものと思われます。
まだまだランキングに入り続けるのではないかなと思いました。
ということで本日のランキングを見た結果ですが、映画が多いかなという印象を受けました。
なんと三位の映画はレンタル料550円もするものでした。
550円のポイントを支払ってでも、話題になった作品ですし、気軽に自宅から見ることも出来るということもあり見る人が多いのだと思いました。
このようなランキングから見たいものを探すのも良いですし、気になるキーワードで検索するのもいいですよ。
仮にあなたが学園物が見たいという場合、「学園」と検索をするだけで関連した動画が出てきます。
ただ、グラビアアイドルの動画が多い印象でした。
検索を色々なワードを入れてしてみるのも面白いです。
知らなかったけど見てみたいという欲をそそられるような動画にも出会うことがきっと出来るはずですよ。

Where We Call Home 動画フル配信の注目点

沖縄在住ウクライナ出身の本間カタリンさんという人はあくまで一般人であり、別に有名人ではないのですが、今回ロシアの侵攻に揺れる祖国の平和を地域の人々とともに祈るという番組であり、まさに真っ只中ともいえるような内容になりそうです。あんまり思想系を強くしてほしいとは思えませんが、ある意味では関係している人たちがどう思っているのかというのは具体的に知るというのはよいかもしれないです。沖縄に定住しているウクライナ出身の方ということで、結構面白いパンを作っている人であるというのも気になる部分ではあります。特産のニンジンを使ったパンを、というのは面白いと思えました。特にそれが人気を集めているというのはちょっと驚きです。そして、そこに届いたロシアのウクライナ侵攻のニュースで、それに対して動揺する彼女を地域の人々が励ましている、という暖かい沖縄の人達の県民性が見て取れるような感じにもなりそうなのがよいです。あんまりすっきりするとかウキウキするような番組の内容ではないという気はしますが、それでも今どんな風に日本に住んでいるウクライナ人が考えているのかとかどういうフォローがされているのかというのを知ることにはよさそうではあります。

まとめ

違法サイト、いわゆる動画や漫画などの違法アップロードサイトですが、閲覧するだけなら違法にならないと言われてもいます。
ですが、著作権違反のコンテンツをダウンロードしてしまうと、その時点で違法行為になります。
そもそも違法と理解してるにも関わらずダウンロードする行為は問題ですが、それ以外にもセキュリティとしての問題もあります。
違法サイトはウィルス・スパイウェアなどに感染する可能性が非常に高く、閲覧のみでも非常に危険です。
また、「ウィルスに感染しています」などのメッセージを表示させて、閲覧者の不安を煽ります。
そこから偽の悪質な有料広告に誘導したり、セキュリティソフトへと誘導して有料プランを登録させるなどの手口も蔓延っています。
偽物のリンクやページを表示させたりもしますが、銀行や大手通販サイトの偽サイトです。
アカウントが乗っ取られました、不正な支払いがありますなどの不安を煽ってきます。
このようなサイトはよく見れば偽物とすぐに確認できますが、違法サイトを見てしまったという後ろめたさにつけこんだやり方だと思います。
特にアダルトサイトなどのなると、周りや警察などに相談もしづらいため、悪質サイトへの振り込みを行ってしまうケースが多いのです。
あくまで全て自己責任であり、トラブルを抱えたことは本人の問題もあります。
ですが、違法サイトが悪の根元ですので、騙されないことと違法な利用はしないことが1番となります。

下記にて

そのU-NEXTが(無料視聴できます)

↓ ↓

Where We Call Home 動画 見逃し配信2022年4月5日 沖縄 再放送 フル無料視聴はこちら